DXは戦略・実行から、
いよいよ「浸透」の
フェーズへ
DXは戦略・実行から、
いよいよ「浸透」の
フェーズへ
DXにおけるデータ利活用
必要なのは
“データによる意思決定”
“施策への変換”
それが「DX浸透
海のイメージ写真
DX浸透には
Buddyが必要だ
海のイメージ写真
scroll down

DX Buddyとは

企業のデータ利活用を推進する
「DX浸透」に強みを持った
コンサルティングサービス

国内外4,000社を超えるマーケティングデータを扱ってきたマクロミルグループの業界知見やスキル、ノウハウを有するエキスパートが、ビジネス課題をクライアントとともに解決していきます。
「DX浸透」にあたり最も重要なことは顧客の目線に立ち、ともにビジネスのゴールへと伴走することです。
Buddyとは「親友・仲間」を意味します。このブランド名に 私たちは “真のパートナーでありたい” という想いを込めています。

DXBuddyを表すダイバー
DXBuddyを表すダイバー
DX Buddyは、企業の膨大なデータの海へ潜り、Buddyとなって有効なデータを供に見つけ出します。 DX Buddyは、企業の膨大なデータの海へ潜り、Buddyとなって有効なデータを供に見つけ出します。

DX浸透の必要性

これまでの企業のDX導入では
そのほとんどで「DX浸透」という
フェーズが抜け落ちている

多くの企業では戦略コンサルティング会社が主導する「DX戦略フェーズ」と、SIerなどが主導する「DX実行フェーズ」によりDX推進がなされています。しかし、ここには最終的に成果を形にする最前線の視点や現場での施策が抜け落ちているケースがほとんどです。
私たちが実施した調査では「DXを現場の施策に落とし込む際、ノウハウや実績を有するパートナーと一緒に進めていきたい」というニーズが多いことが明らかとなりました。

DX戦略フェーズ DX戦略フェーズからDX実行フェーズへ DX戦略フェーズからDX実行フェーズへと落とし込むことにより、DX浸透が実現される。
DXBuddyを表すダイバー
DXBuddyを表すダイバー

DX浸透パートナーに期待される条件

データ利活用の重要性
DXの推進が会社に利益をもたらすために必要なことは「データ利活用」である
62.6%
有効に利活用されていない
DB基盤構築でデータ統合されたものの商品開発やマーケティングの現場で有効に利活用されてないない
65.8%
パートナーの必要性
「データ利活用」を効果の上がるものにするため具体策を一緒に考えてくれるパートナーが必要
73.1%

※マクロミル調べ:DXを推進中または検討中の企業で自らが DX の導入・推進・実行に、直接的・間接的に関わっている方(1,019名)を対象に調査を実施した( 2021年3月実施)

私たちの強み

各専門領域の人材が、
ビジネス課題に即した
チーム体制で支援

マクロミルには、データ利活用の様々なノウハウを有したエキスパートが在籍しています。
それぞれのエキスパートが有する業界知見や専門スキルを活かし、クライアントの「DX浸透」に貢献します。

様々なデータ業務で蓄積された
他にはない経験
〜 特殊ノウハウと技術的スキル

マクロミルはアンケートで取得した意識データだけでなく、ログデータや購買データなどの各種データアセットを保有しています。
企業が保有する顧客データと、マクロミルが保有するこれら外部データを組み合わせて分析を行うことで、深い顧客理解を可能にします。
また、多様多種なデータの運用経験から「データの生産管理〜デリバリー」までの技術的スキルを保有していることはマーケティングリサーチ会社ならではの圧倒的な強みです。

マクロミルの特殊ノウハウと技術的スキル。アンケートデータ、TV視聴データ、位置情報、 生体データ、購買データ、デジタルログデータ、生体データ
アンケートデータ
定量データ
定性データ
デモグラフィックデータ
基本属性
ライフスタイル属性
情報感度クラスタ
TV視聴データ
OTSアンケートデータ
デジタルログデータ
WEBアクセスログ
スマホアプリ利用ログ
位置情報
GPS緯度経度ログ
ジオフェンスログ
Beaconログ
購買データ
家計簿パネル
購買パネル
生体データ
脳波の生体データ
心拍の生体データ

国内外4,000社を超える、
様々な業界での支援経験

DXBuddyを表すダイバー

マクロミルは、国内外4,000社を超える企業のマーケティング支援を行っており、多様な業界・企業におけるデータ利活用の知見を有しています。
コンサルティングからシステム構築まで豊富な実績により、最適なご提案をいたします。

scroll
一般的なマーケティングサイクルを用いて、マクロミルのソリューション例を紹介。様々な手法で最適なご提案をいたします
「DX浸透」によって、
戦略から施策までを一気通貫する
“連携” を強め
企業の競争力・収益性・
顧客体験の向上を生み出します。
「DX浸透」によって、戦略から施策までを一気通貫する“連携” を強め
企業の競争力・収益性・顧客体験の向上を生み出します。
DX Buddyのエキスパートメンバー

サービス

コンサルティング
アナリティクス
エンジニアリング
DX Buddyは、企業課題に沿った
最適な支援を行い、
課題解決に向け伴走します。

コンサルティング
戦略コンサルティング:データ利活用事業の新規ビジネスモデル検討、データビジネス戦略策定支援など
業務コンサルティング:データ利活用における業務設計、データ人材の育成支援など
アナリティクス
戦略策定に用いる分析:市場モデリング(MMM、需要予測など)、消費者行動モデリング(ブランド選択モデリングなど)
戦術策定に用いる分析:顧客データ分析(ファネル分析、顧客スコアリング)、施策の効果検証
エンジニアリング
データ整備:データ前処理、データ処理高速化、マスタ整備など
インフラ構築:クラウドを用いた基盤構築や各種DMP/CDPツールの仲介など
アプリケーション構築:BIツール構築支援など
DXBuddyを表すダイバー
DXBuddyを表すダイバー

Your Team is here

DX浸透・データ利活用に関する課題に
DX Buddy のエキスパートが
ともに壁を乗り越え、伴走いたします。

Contact us

DXBuddyを表すダイバー
DXBuddyを表すダイバー